テラルネサンス理事長、鬼丸昌也さんと。   

2007年 11月 17日

f0150689_18534578.jpg
こんにちは★

先週土曜日、難民ナウの放送を聞かれた方もいらっしゃるかも知れませんが、
『ぼくは13歳 職業、兵士』の著者で、
テラルネサンスの理事長でいらっしゃる鬼丸昌也さんに来ていただき、
スタッフ数人で勉強会(座談会?)を行いました。

お話の中でたくさんの素敵な、貴重な言葉をいただきました。

その中から一つご紹介したいと思います。

『はたらく。』という意味、みなさんご存知ですか?
私は『働く』ということしか知りませんでした。
人が動いてはたらく。

でも、鬼丸さんいわく、
はた を らく にする。
という意味なのだそうです。

働く=傍を楽にする。

何よりも自分の目の前にいる人、ものを大切にしなくてはいけない。

目からうろこでした。

『働く』意味の奥深さを考えさせられます。
身近な幸せが、大きな幸せとつながって行くのかなぁと思って、
何だか嬉しくなりました♪

そして、
「不安や悩みは神様からの贈り物です」
とさらりとおっしゃった鬼丸さん。
さすがです。

心があったまる1日やったなぁと思ってバイトに向かったのでした♪
[PR]

by nawadakamoganeka | 2007-11-17 01:07

<< Invisible Child... 10月27日 スタッフミーティング >>